かっこいいのに愛らしい、 大浦裕記さんの錆漆豆皿。
この独特の存在感にうっとりです。

なんて表現するのが良いのか・・・。
本当に言葉が見つからない錆漆の個性。
  漆を何度も焼き付ける事で、濃淡のある色合い、しっとりマット
な質感の錆漆が生まれます。

同じ窯のものでも、より濃いビターブラウンだったり、
ミルクチョコレートのお色だったりと、異なる表情を楽しませて
くれます。
     
裏から見てもかっこいいんです!
削り跡から、錆漆の独特な質感が伝わって来ます。
お写真で、うまくお伝え出来ているでしょうか?
  リムの幅だったり、縁の反り加減だったり、高さだったり、
1つ1つ異なる個性をお楽しみ下さいね。

大浦裕記
錆漆豆皿    

商品No :oh-p03
サイズ :径9cm×高さ1.8cm

※こちらの作品は色、サイズ、形等がひとつずつ微妙に
異なります。あらかじめご了承下さい。